【ArcheAge】死と格闘の連携について

どうも、アーキエイジ記事は初めて書きます。初めまして。

最近1年ぶりくらいに復帰したM鯖の者で、普段はタンクやってます。

まだ装備P4kの雑魚ですw


先日のアップデートでスキルが大幅に変わり、非常に面倒ですねw

そんな中、今までは格闘使命意志で安定だと近接は思ってましたが、

死と格闘強いんじゃない?と思ったので書いてみることに。


格闘の基本攻撃スキル




有用な連携効果を持つ格闘の基本スキルは以下の通り。

・アサルトダッシュ 射程12 m
 足止め(5 s)付与

 【連携】
 気絶相手を転倒(2.5 s)
 鈍足相手に追加ダメージ(26%)

・トルネードアタック 範囲5 m

 【連携】
 出血相手に追加ダメージ(33%)
 1. 鈍足相手を転倒(3.5 s)
 2. 転倒相手に追加ダメージ(29%)
 3. 気絶相手に追加ダメージ(52%)

・三段斬り

 【連携】
 ストロング状態時ヘイト3倍
 1. 足止め相手を萎縮(3 s)
 2. 転倒相手に追加ダメージ(48%)

・アルモラルのハンマー 射程15 m
 対象を気絶(3 s)
 周辺3 mの敵を5 m押し出す

 【連携】
 鈍足相手に追加ダメージ(44%)

・ストームクレフト 射程18 m
 最初の敵に圧倒(持続回復量33%ダウン、3回累積、5 s)を付与
 
 【連携】
 萎縮相手に追加ダメージ(13%)
 鈍足相手を足止め(5 s)
 移動27%減少、攻撃速度75減少、スキルD8%減少 3 s)付与
 
 【連携】
 足止め相手を強力な萎縮(7 s)
 睡眠相手を転倒(3 s)



死の基本連携スキル



・フォースエッジ 射程20 m
 当ダメージ2%UP、20回累積
 移動速度2%、スキルD、回復量1%減少を付与 15回累積
 15回累積時、物理/魔法スキルD及び回復量15%減少 7s

・ヘルペイン 範囲6 m
 串刺し(2.8 s)付与

・ライフドレイン 射程10 m
 持続魔法ダメージ(6.5 s)
 最大HPの13%持続回復
 敵と20 m離れると気絶(3 s)



格闘と死の連携



これ、連携すごいできるんですよね。

エッジで鈍足入りますから、


エッジ(鈍足)→ダッシュ(追加D、足止め)→三段1(萎縮)
 →トルネード1(転倒)→トルネード2(追加D)→三段2(追加D)


という連携ができます。

また、オンスロも鈍足扱いなので、オンスロ→トルネード1で範囲転倒も可能で、

さらにエッジ(串刺し)→クレフトで最大5人転倒可能です。

さらに言えば、ハンマー(気絶)→ダッシュ(転倒)もできるため、

転倒手段が豊富です。

ハンマーもエッジも射程が長いですから、

ここからダッシュで一気に繋ぐと弓や魔法相手に先手で拘束をかけられます。

また、フィニッシュ(基本/突風)は背後攻撃時にCRが上がるので、

死に移動したシャドウステップとも相性がいいです。

私はタンクなのでPvPくらいでしか使えませんがw


もう1枠の適正



格闘+死では1枠空いてますよね。

ここに鉄壁と組み合わせることで、ドレインでの回復、

クロウ召喚による攻撃成功率ダウンでそこそこ安定して戦えます。

気絶に対してはバッシュでも転倒取れますし、

ウィナーでもアストロフィー入りますから。

さらにゴースト召喚(霧)なんかでも耐久上がりますし。

意志が劣化した今、格闘/鉄壁/死で傭兵、アリだと思います。

意志より抵抗がガバいので、革装備か黒曜の抵抗盾あたり持つといいかと思います。


あとは使命と組み合わせてシャドステで背後を取ってからの攻撃など、

こちらも相性はばっちりですね。

特にスネークアタック(炎)、ダークネスソードはめちゃくちゃ強いですからね。


以上、こんな感じです。

記事書いたの久々すぎてよくわかんないですが、

これ、分かりやすいんですかね?

まぁいいや、ではでは。
posted by てとろ#TM at 21:18Comment(0)TrackBack(0)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック